SENSY株式会社の新ロゴマーク決定のおしらせ

SENSY株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:渡辺 祐樹 https://sensy.ai/ 以下、SENSY)は、新しいロゴマークを決定したことを、下記の通りお知らせいたします。

d13501-33-985835-0.jpg

人の感性を解析するパーソナル人工知能SENSYを開発する当社は、この度プロダクトの拡張とそれによるお客様の層の拡大により当社のロゴマークを現在のものを進化させる形で新たに制定することといたしました。

▼ ロゴマーク変更の背景
当社は、様々な「偶然の出会い」を変革したいという思いから、「すべての人々に人生が変わる出会いを。」をコンセプトに、一人ひとりの感性を個別に解析し、デジタライゼーションするパーソナル人工知能SENSYを開発しています。この技術を活用して2014年ファッションアプリをリリースいたしました。
それから4年、アパレル業界では企業様向けにSENSYを活用した種々のプロダクトをリリースしていると同時にアパレル業界のみならず、小売、食品、金融など様々な業界に幅広くサービスを拡大し、また今後もプロダクトが増えていくことから、進化しているSENSYをロゴマークにも表現することにいたしました。

▼ 新ロゴマークへ込めた思い
感性(SENSE)を学習することからSの文字の印象と、人と企業を「リンク」したいという思い、可能性・価値を「無限」に考えられる企業でいたいという思いをこめたコンセプトを引き継ぎながら、進化したSENSYを表現しました。プロダクトが増えたことを表すマルチライン、ドットと線をニューロンとシナプスに見立て、それらが繋がっていくことで大きなネットワークとなっていく様子を当社の目指す存在と重ねました。
また、感性にフォーカスする、人に寄り添ったAIが、日の出から日の入りまで24時間のライフサイクルをサポートしていく、という思いを柔らかい線、太さの強弱、色で表現しました。
今後更に加速して、自社及びパートナー企業と共創し、出会いの変革につながる価値あるプロダクトを創造してまいります。

コンサルタント&新規事業担当様向け AIビジネスセミナーを開催します

セミナー告知画像.png

SENSY社内でコンサルタント&新規事業担当様向けのAIセミナーを開催いたします。

6/8(金)テーマは「感性×AIで創出する新規ビジネス」について。SENSYのことが覗ける機会となっております。ご関心のある方、是非以下のご案内をご覧ください。

新たな人工知能ブームの中、日々”AI”についての報道を見ない日はないかと思います。一方で、実際に「AIに何が出来て、何が出来ないのか」や「事業にどのように取り入れていくのか」に対してクリアに理解できている人はまだまだ世の中にも少ないのではないでしょうか。

SENSYは、一人一人の感性を学習するパーソナル人工知能を軸に、to B / to C様々な企業様の事業課題をAIで解決してきました。今回は「AIビジネスって実際どうよ」をテーマに、AIビジネス最前線のトレンドや実際の事例を紐解きながら、人数限定制のセミナーを企画いたします。

参加は無料となっておりますので、お気軽にお申込みください。

カジュアル・アットホームな雰囲気で実施しますので、AIにご関心のあるご友人ご同僚の方へのご紹介も大歓迎です。
ぜひお誘い合わせの上、ご来場ください。
 

プログラム構成(90分程度を想定)----------------------------------------
第1部:AIとは(基礎編)

メインモデレータ:岡本(弊社取締役CRO / Chief Research Officer 兼 千葉大学 特任准教授)
 ー AI技術の現状(AIが出来ること出来ないこと)
 ー AIによる問題解決とアルゴリズムの種類
 ー AI技術の今後の展望
(Q&A・小休止)

第2部:AIを活用した課題解決のアプローチ

メインモデレータ:皆川(弊社取締役CBO / Chief Business Officer)
 ー AI最前線:タイプ別AIプレイヤの特徴
 ー 弊社SENSYにおけるAI事例
 ー AIスタートアップへの期待とキャリア

実施概要----------------------------------------
日時:6月8日(金)20時~21時半 
会場:150−0041 東京都渋谷区神南1−12−16 アジアビル5F
費用:無料
(応募多數の際は、抽選及びフロアの変更の可能性がございます)
申し込み方法:以下Googleフォームより登録
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfc6OD-aoYM8-vGYzwLfCr-TQ1OLk1mNDznM45z2RCmITiVyQ/viewform?usp=sf_link

 

慶應大発AIベンチャーのSENSY社(旧カラフルボード)「感性解析」を専門に行う人工知能研究所「SAILS」設立

SENSY株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役CEO:渡辺 祐樹 以下、SENSY社)は、ディープラーニング技術を用いて「感性解析」を専門に行う人工知能研究所「SAILS」を設立し、千葉大学准教授の岡本 卓氏を当社取締役CRO(最高研究責任者)兼 研究所代表として招聘致しました。また併せて、社名を旧社名「カラフル・ボード株式会社」から変更したことをご報告致します。

■研究所概要
「SAILS」(SENSY AI Laboratories、呼称:セイルズ)では、様々なライフスタイルにおけるヒトの「感性解析」に特化した、独自のディープラーニング技術の研究開発を行います。研究対象データは画像、自然言語、音声、生体データなど多岐に渡ります。多様なデータの組合せからヒトの感性をパーソナルに解析します。
また、この度の研究所設立に伴い、AI関連分野の研究者採用をより強化し、2020年までに30名規模の研究所を目指します。尚、以前より技術顧問として当社の研究開発を支援頂いておりました、慶應義塾大学の相吉 英太郎名誉教授、東京工業大学の奥村 学教授には、引き続き当研究所の技術顧問として技術支援を頂きます。

■岡本 卓氏の略歴
慶應義塾大学大学院理工学研究科 基礎理工学専攻 博士課程修了。博士(工学)。2017年9月まで、千葉大学大学院工学研究科准教授として、システム工学、最適化理論、ソフトコンピューティング、計算知能、複雑系に関する研究に従事し、電気学会優秀論文発表賞 (A賞)、計測自動制御学会論文賞・友田賞、第25回インテリジェント・システム・シンポジウム 優秀論文賞 (FAN2015)など受賞歴多数。当社技術顧問を経て、この度取締役CROとして本格参画。

Okamoto-square.jpg

■岡本 卓氏コメント
AI分野は、まさに日進月歩で研究と事業展開が進んでいる分野であり、その先端を走るSENSY社への期待は大変大きいと日々感じております。SENSYプラットフォームの発展に向けて研究開発を加速すると同時に、将来的にはその成果を社会還元できるような研究所の構築を目指して参りたいと考えております。

■代表取締役CEO渡辺のコメント
(研究所設立の背景) 当社では2014年より、ユーザー一人ひとりの感性を解析するパーソナル人工知能「SENSY」の研究開発とサービスを提供して参りました。当初、ファッション業界からスタートしたサービスでしたが、三菱食品、三越伊勢丹ホールディングス、はるやま商事、TSIホールディングス、エイチ・アイ・エスなど多くの企業様をパートナーとして、事業領域をライフスタイル全般に拡大してまいりました。2017年4月には、8億円を超える資金調達も完了し、慶應義塾大学をはじめ多くの資本提携パートナーも迎え、積極的な事業投資ステージに入りました。そこで、今後の投資領域を「感性解析」にフォーカスし、ディープラーニング技術の更なる研究開発に精進致します。

■社名変更のお知らせ
当社は、2011年11月の創業時より「カラフル・ボード株式会社」として事業展開してまいりました。この度、第7期目を迎える2017年11月1日より、SENSYの人工知能事業に活動を集中すべく、社名を「SENSY株式会社」と変更致しました。

■パーソナル人工知能「SENSY」とは
ユーザーの「感性」を学習していく1人1台の人工知能。2014年11月にファッションアプリとして、リリースしました。現在では、マーケティング、需要予測、新商品開発、店舗接客、EC接客、カスタマーサービスなど幅広いソリューション群を展開。事業ドメインもファッションから食品、美容・健康食品、旅行など幅広いライフスタイルに拡大を続けています。

本日10/18開催!世界最大級のピッチコンテスト “STARTUP WORLD CUP2018” 日本代表決定戦 パーソナル人工知能SENSY開発のカラフルボード出場

カラフル・ボード株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役CEO:渡辺 祐樹 以下、「カラフルボード」、公式Facebookページ https://www.facebook.com/COLORFULBOARD.f/ )は、人の感性を解析するパーソナル人工知能「SENSY」の開発をしています。この度、シリコンバレーに拠点を置くベンチャーキャピタル、Fenox Venture Capital(本社:米国シリコンバレー、 共同代表パートナー兼CEO:アニス・ウッザマン、 以下 「Fenox VC」)主催のピッチコンテスト、STARTUP WORLD CUP2018の日本地域最終予選に臨むことをご報告致します。

d13501-26-392245-0.jpg

STARTUP WORLD CUP2018 (http://www.startupworldcup.io/)は、シリコンバレーを拠点とするグローバルベンチャーキャピタルであるFenox Venture Capital主催の世界最大級のグローバルピッチコンテスト・カンファレンスです。世界30地域以上で地域予選が行われ、地域予選で優勝した企業は、2018年5月にサンフランシスコで開催される決勝大会で、優勝投資賞金約1億円と世界チャンピオンの称号をかけて競います。
本日10/18開催のイベントは、イノベーションの聖地シリコンバレーで行われる決勝大会へ、日本地域代表として出場する1社を選ぶ、スタートワールドカップ日本地域予選(http://www.startupworldcup.io/japan-regional) のイベントとなっております。全応募企業の中から書類選考で選ばれたスタートアップ10社が登壇、審査は英語でのピッチの他、大会当日までのツイッターでのツイート数に応じたマーケティングポイントも評価の一部として加算されます。カラフルボードはシリコンバレーでのグランドファイナルを目指して出場いたします。
*****************************************************
◎スタートアップワールドカップ 日本地域予選開催概要
日時:2017年10月18日(水)17:45~20:30 (17:00受付スタート、17:15開場)
場所:東京国際フォーラム B7ホール
主催:Fenox Venture Capital, Inc.
パートナー:アドテック東京
HP: http://www.startupworldcup.io/japan-regional
******************************************************

▼人工知能「SENSY」とは
ユーザーの「感性」を学習していく1人1台のパーソナル人工知能。2014年11月にファッションアプリとして、リリースしました。現在では、マーケティング、需要予測、店舗接客、EC接客、カスタマーサポートなど幅広いソリューション群を展開。事業ドメインもファッションから食品、美容・健康食品、旅行など幅広いライフスタイルに拡大を続けています。

味覚解析の「SENSYソムリエ」スマホをかざすだけでワインの好み度合いを判定する新アプリ、事前登録を開始

カラフル・ボード株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役CEO:渡辺 祐樹 以下、カラフルボード)は、自社開発する感性を解析するパーソナル人工知能「SENSY」を活用した、人の味覚を解析し個人の嗜好に合ったお酒をパーソナルに提案する「SENSY ソムリエ」のカスタマー向けスマートフォン用アプリをリリースしました。スマホで陳列棚のワインを映すと、自分の好みの度合いを教えてくれて、「ワイン選びの困った」を解決します。

d13501-25-988345-0.jpg

カラフル・ボード株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役CEO:渡辺 祐樹 以下、カラフルボード)は、自社開発する感性を解析するパーソナル人工知能「SENSY」を活用した、人の味覚を解析し個人の嗜好に合ったお酒をパーソナルに提案する「SENSY ソムリエ」のカスタマー向けスマートフォン用アプリをリリースしました。スマホで陳列棚のワインを映すと、自分の好みの度合いを教えてくれて、「ワイン選びの困った」を解決します。

  ✓ ワインを購入する時に困惑した経験がある。70%         
  ✓ ラベルのデザインで購入するワインを決める。64%
  ✓ 購入したワインについて後悔したことがある。67%  

 そんな「ワイン選びの困った」を自分のスマホが専属ソムリエになって自分の味覚に合ったワインをその場で提案、そのワインがどのくらい自分好みか示してくれます。これまでのレーティングは、それぞれ人の味覚や好みが異なる中、評価する人の主観でのレーティングでしかなく、そのワインが本当に自分の味覚や嗜好に合うものかはわかりませんでした。SENSY ソムリエ スマートフォン用アプリは、AIがあなたのワインの好き嫌いの評価や味の表現の仕方によって「あなたの好み」を学習します。多くの評価レビューを登録するほどAIがより深く好みを学習します。ワイン選びのストレスを解消し、食事を楽しいものにするツールです。

▼  「SENSY ソムリエ」とは
感性を学習する1人1台のパーソナル人工知能「SENSY」がユーザーの味覚を解析して、ソムリエのようにワインを提案するアプリです。

  味覚は、①定量的に測定することが困難なこと
              ②同じワインでも人によって味の感じ方が異なること
              ③「美味しい」の定義も人それぞれ異なること、
等の理由から科学的なアプローチが大変困難です。
そこで、「SENSY」の持つ「パーソナル感性分析」のアプローチを味覚に応用することで、ユーザーレビュー(飲食後の感想)からひとりひとり異なる味覚をデジタル化して捉える技術を開発しました。これにより、そのユーザーがまだ飲んだことのないワインであっても、味覚を予測して提案することが可能になります。

 ▼店頭ソリューション連携
「SENSY ソムリエ」は、スーパーや百貨店の店頭で、来店されたお客様の好みに合わせて、最適な1本を提案する小売店向け接客ソリューションとしても活用されています。小売店向け接客ソリューションとアプリを連携させることで、店頭にあるワインの中から、自分の好みに合わせた最適な1本を見つけることができます。

▼アプリリリース日
今秋を予定

▼ティザーサイト
https://sommelier.sensy.ai/
ティザーサイトにメールアドレスを登録するとアプリリリース時にお知らせをお送りします。

▼人工知能「SENSY」とは
カラフルボードが開発するパーソナル人工知能。自然言語処理、画像解析技術などを組合せ、ひとりひとりの感性を個別に解析するディープラーニング技術です。2014年11月にファッションアプリとして、リリースし現在では、マーケティング、需要予測、店舗接客、EC接客、カスタマーサポートなど幅広いソリューション群を展開しています。事業ドメインもファッションから食品、美容・健康食品、旅行など幅広いライフスタイルに拡大を続けています。

パーソナル人工知能SENSYが洋服の似合う度合いを判定 アパレル業界で初リリース

カラフル・ボード株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役CEO:渡辺 祐樹 以下、カラフルボード)は、一人ひとりの感性を個別に解析するパーソナル人工知能「SENSY」の開発とサービスを提供しています。この度、はるやま商事株式会社(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長 伊藤 卓 以下、はるやま商事)と共同で、アパレル業界で初となるパーソナル人工知能SENSYを使った「似合うアルゴリズム」を開発しました。選んだアイテムがその人に似合っているかをパーソナルに判定します。この度、スーツコーディネートを判定する「就活似合う度チェック」としてLINEアカウント「はるやま就活LINE」に搭載いたします。

d13501-23-374473-0.jpg


▼開発背景
 カラフルボードが開発するパーソナル人工知能「SENSY」は、自然言語処理、画像解析技術などを組み合せ、一人ひとりの感性を個別に解析するディープラーニング技術です。この独自技術を活用し、これまでマーケティングや需要予測、レコメンドエンジン、接客エンジンなどを提供して参りました。
 また、はるやま商事では、就職活動を進める学生を対象に「就活着こなしセミナー」を実施するなど、学生に身だしなみの重要性と社会人として相応しい服装や髪型・メイク等のレクチャーを行い、社会へ踏み出す学生支援を推進しています。
 この度、カラフルボードの「SENSY」の技術と、はるやま商事の「就活着こなしセミナー」のノウハウを活用し「似合うアルゴリズム」を開発、新たなサービスとしてこの「はるやま就活LINE」に「就活似合う度チェック」を導入いたします。

▼「就活似合う度チェック」とは
 このサービスは、志望業界、見せたいイメージ、顔の形や体型といったパーソナルデータを登録し、ご自身のスーツ姿の画像を投稿することで、AIがパーソナル診断を行います。スーツ姿の画像から、ジャケット、シャツ、ネクタイを認識し、約2000着のスーツスタイルを学習したAIが、スーツの似合う度を100点満点で判定し、就活生にオススメのコーディネートをご案内いたします。

▼今後の展開
 カラフルボードとはるやま商事は2016年より、パーソナル人工知能「SENSY」を活用した、お客様一人ひとりに合わせて作成するパーソナライズDMを展開しています。通常DMと比べて来店率159%(2016年11月実施時)、と高い効果を実現しています。また過去のパーソナライズDMに対するお客様の反応を人工知能が継続学習している実績がございます。

▼「就活似合う度チェック」概要

◆「はるやま就活」LINE
アカウント名:はるやま就活
LINE ID:@yuq6543y(https://line.me/R/ti/p/%40yuq6543y)

◆操作の流れ

詳しくはこちらをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000013501.html

▼人工知能「SENSY」とは
ユーザーの「感性」を学習していく1人1台の人工知能。2014年11月にファッションアプリとして、リリースしました。現在では、マーケティング、需要予測、店舗接客、EC接客、カスタマーサポートなど幅広いソリューション群を展開。事業ドメインもファッションから食品、美容・健康食品、旅行など幅広いライフスタイルに拡大を続けています。

パーソナル人工知能「SENSY」から新リリース チャットボットサービス「SENSY BOT for Biz」

カラフル・ボード株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役CEO:渡辺 祐樹 以下、カラフルボード)は、自社開発するパーソナル人工知能「SENSY」を活用したチャットボットサービス、「SENSY BOT for Biz」を新たにリリース致しました。第1弾の導入先として、株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区 代表取締役会長兼社長:澤田 秀雄 以下、H.I.S.)と提携し、サービスを開始いたします。
 

d13501-22-743702-0.jpg


 カラフルボードが開発するパーソナル人工知能「SENSY」は、自然言語処理、画像解析技術などを組合せ、一人ひとりの感性を個別に解析するディープラーニング技術です。この独自技術を活用し、これまでマーケティングや需要予測、レコメンドエンジン、接客エンジンなどを提供して参りました。

 「SENSY BOT for Biz」では、これまでSENSYが開発してきた人工知能技術を活用し、LINEやFacebook等のメッセージングアプリの他、WEBウィジェットとして、自社ECサイトなどへチャットボットを導入することが可能です。さらに、単純な対話だけでなく、SENSYのもつ他の機能と組合せて、より高度なWEB接客を実現することができます。

▼「SENSY BOT for Biz」の特徴
「SENSY BOT for Biz」では、従来のチャットボット開発が抱える課題であった、
 課題① 最先端技術でも全ての質問にボットで応えることが困難
 課題② ボットを賢くするための運用にも手間やコストが掛かる
 課題③ 対話エンジンを導入しただけでは、ビジネス的インパクトが得られにくい
などの解決を目指しています。

特徴① オペレーターとボットのシームレスな連携(課題①の解決)
 残念ながら、現時点で最先端のAI技術(主に自然言語処理技術)を用いても、会話の意味を完全に理解して応答するエンジンを実現することはできません。そのような問題に対処すべく、「SENSY BOT for Biz」では独自のチャットシステムを用いて、ボットがお客様の質問に回答できない場合にチャットサポート担当のオペレーターにエスカレーションし、オペレーターが会話を引き継ぎ、お客様対応を続けることができます。これにより、お客様にストレスなく、かつオペレーターのコストを最小化したチャットボットを実現できます。

特徴② 簡単なUI(ユーザーインターフェース)でボットの育成が可能(課題②の解決)
 従来のボット開発においては、初期の開発に相当なコストが掛かるだけでなく、運用開始以降も継続的な改善のために、技術者がボットの学習に時間を割く必要がありました。これらのコストがネックとなり、導入を諦めていた企業様も多いかと思います。そこで、「SENSY BOT for Biz」では、ボットをより賢くするために、オペレーターがWEBブラウザ上で簡単にボットを育成する機能を提供しています。これにより、技術者に依存していたボット育成業務を誰でもできる状態にし、運用コストダウンとスピーディーな改善サイクルを可能にします。

特徴③ 単なる対話だけでなく、売上げアップのための「接客」を実現(課題③の解決)
 従来のチャットボットでは、コスト削減を目的としてコールセンターの問合せ対応などに活用されるケースが多く、その費用対効果が得にくいことも導入が広がらない理由の一つでした。そこで、「SENSY BOT for Biz」では、従来から弊社が開発している接客エンジンなどと組合せて導入することで、WEB上における「接客」を実現します。また、ユーザーとの会話から感性データを蓄積し、マーケティング・需要予測・商品開発への活用も可能となります。

▼第1弾導入事例となるH.I.S.の導入背景
 WEBサイトでの旅行予約の需要が高まるにつれ、FAQサイトを充実させてきた中で、H.I.S.は、オンライン予約のカスタマーサポートチームを新設するなど、顧客の疑問・質問・問題解決を支援する対応を進めてきましたが、現在のオペレーターによるチャットサポートは受付時間が短いという課題がありました。

 一方でお客様からのチャットサポートへのお問い合わせは、件数が増えており、無人で自動応答できるチャットボットサービスによる更なる効率化を図るべく、チャットボットとオペレーターを融合させたエスカレーションシステムによる24時間365日の顧客サポート対応を実現いたしました。

▼H.I.S.が今回導入するサービス内容
 フェーズ1として、「よくある質問(FAQサイト)」の内容を学習させたAIチャットボット「おおじろう」およびオペレーターが回答するチャットシステム「SENSY CS CHATDESK」を導入します。これにより従来のチャットボットの持つ課題を解決し、スムーズで効率化されたチャットボット及びエスカレーションシステムを展開します。
 また将来的には、人の感性を解析し好みを理解できるSENSYがお客様1人ひとりのニーズや好みを分析し、よりパーソナライズされた接客の実現を目指します。

▼サービス開始
 2017年7月24日
 H.I.S.おおじろうチャットサポート Facebook ページ  https://www.facebook.com/HISojiro/?fref=ts
 ウィジェット表示ページ               www.his-j.com/Default.aspx
                           http://help.his-j.com/

 図:H.I.S.ホームページ
 

d13501-22-125298-2.jpg


 図:SENSY CS CHATDESK利用画面

d13501-22-392076-3.jpg


▼人工知能「SENSY」とは
 ユーザーの「感性」を学習していく1人1台の人工知能。2014年11月にファッションアプリとして、リリースしました。現在では、マーケティング、需要予測、店舗接客、EC接客、カスタマーサポートなど幅広いソリューション群を展開。事業ドメインもファッションから食品、美容・健康食品など幅広いライフスタイルに拡大を続けています。
<詳細> http://sensy.jp

▼株式会社エイチ・アイ・エス 会社概要
社名   :株式会社 エイチ・アイ・エス
所在地  :東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー29階
代表者  :代表取締役会長兼社長 澤田 秀雄
資本金  :110億円
設立   :1980年12月19日